2008年08月04日

アントニオ猪木自伝(新潮文庫

アントニオ猪木自伝 (新潮文庫)
猪木 寛至
新潮社
売り上げランキング: 27845
おすすめ度の平均: 4.5
5 波乱の人生の赤裸々な自伝
3 自伝の弱点を曝け出してしまった
5 猪木は人間だったんだ。読んで猪木がより好きになった。
5 猪木ファン必読の一冊
5 スカッとする、これぞストロングスタイル!
少年時代のブラジル移住、力道山にしごかれた修業の日々、モハメド・アリ戦をはじめとする異種格闘技戦、結婚と離婚、独自の「猪木外交」を展開した国会議員時代、金銭トラブル、引退と新団体旗揚げ…。日本プロレス界の顔・アントニオ猪木が初めて肉声でその波瀾の半生を語り尽くした決定版自伝です。


posted by プロレスマニア at 14:36 | TrackBack(0) | プロレス本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。