2008年08月24日

ミスター高橋 流血の魔術 最強の演技―すべてのプロレスはショーである(講談社プラスアルファ文庫

流血の魔術 最強の演技―すべてのプロレスはショーである (講談社プラスアルファ文庫)
ミスター高橋
講談社
売り上げランキング: 22787
おすすめ度の平均: 4.0
3 高橋氏の個人的感情による記述が痛い
1 さらば新日本プロレス
5 場外大乱戦だ!シーク並みの火炎殺法がすべての疑問を焼き尽くす
5 高橋さん、この本がきっかけで本当にプロレス界って再興するんですか?
4 「オトナ」になってしまった悲しさ
日本にプロレスが誕生して以来の最大にして最後のタブーを激白!アントニオ猪木らの試合をもっとも数多く裁いてきたレフェリーが、ついに「魔術と演技」の真実を明らかにした!!―あの衝撃のベストセラーが待望の文庫化!「プロレスは完成されたエンターテインメントなのだ!」新日本プロレスのレフェリーとして、アントニオ猪木、坂口征二、藤波辰爾(ふじなみたつみ)、長州力(ちょうしゅうりき)らの試合をもっとも数多く裁いてきた男が、プロレスを愛するがゆえに、ついに「魔術と演技」の真実を明らかにした!
ラベル:プロレス 文庫
posted by プロレスマニア at 15:35 | TrackBack(0) | プロレス本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。